白髪染めで髪色を茶色にしたい

白髪染めにも茶がありますし、茶色にもイエロー系とレッド系があります。
髪の柔らかい人は、色が髪に染まりやすい為、イエロー系の茶色で染めると非常にキレイに仕上がるようです。

反対に、髪の太くてしっかりした人は赤系の茶を使うと、自然に髪に馴染んだ茶色に仕上がります。

髪の毛は元々は白で頭皮の細胞からメラニン色素を介して髪の色が変化しています。アジアの気候には黒い髪の人が多く、ヨーロッパ方面で金髪が多いのは、長い間の民族感での遺伝子がそう作られたからだとも言われています。

髪の太い人はメラニンの力が非常に強いために、黒の基本色である赤みが髪の成分にとてもおおく含まれています。反対に髪の柔らかく細い人はメラニンの色素が薄く赤みも少ないので茶色に近い柔らかい髪が多いのです。

そんな人が赤みの強い茶に染めてしまうと不自然な色になっていますので気を付けて。

元来の色素に近い黄色系の茶色で染めると、髪に馴染んで白髪もキレイに染まってくれます。

髪の硬い人の白髪染めが抜けると赤みが出たり、柔らかい髪の人が黄色く色が抜けるのはこのような原因からともいえますね。

白髪染めは黒だけでなく、茶色に染める事も出来ます。自分の髪を良く知ることで好みの色に仕上げるのは可能です。

市販の白髪染めを繰り返し使うとパーマのように髪を痛めてしまうので、白髪染めの色が明るくなる場合もあるようです。
何事もヘアケアあっての事ですから、髪の為にケアを忘れずにしてくださいね。

 

 

Tags: , ,

Comments are closed.